2016年02月22日

G-SHOCKの意外と知らない機能

さて、今回は今も尚、人気のあるG-SHOCKのご紹介。
G-SHOCKはもう説明はいらないですよね。

しかしあまり知られていない機能は沢山あります。
例えばG-SHOCKは20気圧(200M)の防水と言う、水に入っても壊れないくらいの強い防水はありますがお湯には強くないので気をつけて下さい。
そして20気圧は実際、気圧と水圧が違うので200M潜れないです。

しかしこの価格帯でここまでしっかりとした防水機能がついている時計は珍しいので使いやすくてコスパも抜群です。


image-67eed.jpeg


こちらは5600系シリーズと言うG-SHOCKの中でも昔からあり今も尚、安定した人気を誇るモデル。
G-SHOCKではおそらく一番と言っていいほど薄いと言う事と、デジタルなので歯車がズレる心配がなくG-SHOCKの中でもより、衝撃にも強いです。
なのでスポーツをやる、現場仕事で常に振動を与えるという方にオススメのモデル。
海外モデルと言うのは逆輸入と言う意味ですが実際G-SHOCKはほとんどが中国かベトナムで作っている為、国内正規品と変わらないです。
違いは取説が日本語か英語かの違いですので取説を読む予定がない方はただ安く買えたと言うだけなのでコスパがいいです。

image-894e6.jpeg


こちらは最近出てきた、機能を搭載したモデル。
デジタルが見たい、設定したい、でも時間帯によっては針が邪魔で見えない。
こんな時ありませんか?
そんな時は右側のリューズを使い針をデジタルが見える位置に一旦動かしておくと言う機能付きです。
この機能を使う事によって角度を変えて頑張って見ようとしなくてよく、時刻をずらして、また時間を設定し直すという事もしなくていいので便利です。

image-f0ea8.jpeg



こちらは5600系のソーラー電波モデルです。
ソーラー=電池交換いらず!が人気の秘訣。
ですがここでは正直に話します。
電池交換は必要です。
ただ普通モデルが2〜3年に1回の電池交換はしなくてもいいです。
中に二次電池が入っているので10年に1度の電池交換です。
その際には店頭での電池交換ではなくメーカー出しになるので預かり期間が2週間前後、料金が3000円〜5000円ほどです。
しかし時計にはオーバーホールと言うメンテナンス時期が10年に1度あるのでオーバーホールが1万円〜1万5000円なので正直、限定品、記念品、高額モデルのG-SHOCKとかでなければG-SHOCKをオーバーホールする方はいないです。
なので電池交換いらずもあながち嘘ではないです。
電波はほぼ日本のみの時計が多い中、このG-SHOCKは6局対応なので日本(2局)、中国、アメリカ、イギリス、ドイツの5ヶ国で時間補正をしてくれます。
日本にいるだけでも電波時計は時間を補正してくれるので便利ですよね。
受信時間は夜中の2時頃、3分〜15分程で静止状態での受信になります。
受信しなかった場合は強制受信のボタンを押してもらえれば時間を受信してくれます。

image-9b98f.jpeg



こちらはG-SHOCKにしてはやや小さめのモデル、大きすぎるG-SHOCKが好きではない方はこれくらいのサイズが使いやすいです。
一般的な日本人の腕に合うサイズです。
あとはかっこよくコスパがいいので非常に人気のあるモデルです。
余分な機能もなく強い防水LDEライト等どのG-SHOCKにも付いている機能のみなので機能もあまり使わず時計としての機能、大きすぎるのも好きではないという方にはオススメのモデルです。

これ以外にもG-SHOCKは変わったモデルがあるので是非見てみて下さい!



posted by KAMIYA at 22:09 | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。