2016年01月31日

幸せなマリッジリング選び。

よくある質問でマリッジリングを買いたいのだがどんなものを買えばいいのかと聞かれることが多々あります。

やはりマリッジリングは一生に1度のもの、後悔はしたくない。
平均価格も20万前後〜と言う値段になるし基本的に買い直すものではないので慎重になる方が多いと思います。

そこでマリッジリングの選び方をご紹介。

☆1
『素材はプラチナ』
⚫よく低単価であるものがペアリング等で使われるK10WGのリング、これは金にロジウムメッキと言うメッキがされているもので長く使っていると中から金?とも言えない様な色が出てきます。
コーティングし直すことも可能ですがあまりマリッジリングとしては良くないです。
プラチナがいい理由は色が変わらない、希少性等の意味あいから想いが変わらない、希少な出会い等いい意味に繋がります。
そちらの方が縁起がいいですよね。
その事からプラチナをリングを選ぶのが適切だと言えます。
(海外では金のマリッジリングが多いです)

☆2
『ダイヤモンドのカラーがキレイなもの』
⚫ダイヤモンドのカラーはDカラー〜ZまでありD〜Fまでが無色透明と言われています。
これもまた2人の関係の純粋さ等いい意味に繋がりますのでダイヤモンドのカラーはキレイなものがいいです。
他にダイヤモンドの質を見るものでクラリティ、カット等がありますがクラリティやカットも気にされる方は良質なものを選ぶと更にいいでしょう。

クラリティとカットに関してはこちらをご参考下さい。

image-1cc1c.jpeg

image-dbd5c.jpeg

☆3
『リングをアームが厚いものを選ぶ』
⚫プラチナでダイヤモンドがキレイ、しかし安い!こんなリングを見た事ありませんか?
それは地金のコストを下げアーム部分を薄くしてあるものが多いです。
マリッジリングは毎日つけていることが多いと思いますので、重いものを持ち上げたり、毎日つけていると形が変形する事があります。
私の様な職種ですとよく変形したリングを見る事があります。
なので買う時はアームの部分見るか現物が見れない場合はリングの重さを見てください。

以上の事を見てマリッジリングを選ぶと良質なものが選べます。

その他は好きなブランド、ご予算に合わせてのマリッジリング選びとなります。

あとは男性より女性の方がマリッジリングをつける頻度は多いしマリッジリングをつけて嬉しいと思いますので女性視点で選んであげると喜んでもらえると思います。
posted by KAMIYA at 21:53 | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。