2016年04月05日

OMEGAの腕時計〜賢い買い方〜

こんばんは。

今回は私の本業でも取り扱っているOMEGAのスピードマスターをご紹介。

まずは見てみて下さい。

image-4e765.jpeg
image-315ee.jpeg

image-e859e.jpeg

image-3eb61.jpeg

かっこいいです。

私もOMEGAのスピードマスターを1番最初に買いました。
このスピードマスターは自動巻きでパワーリザーブが約40時間です。

なので40時間着けていないと時間が止まります。
1日にOMEGAの精度だと+−で5秒以内、、前後くらいかなーと言う感じです。

自動巻きを持った事がない方はズレるの?!っと思うと思いますが自動巻きはズレます。

ただ1万円前後〜3万円前後の自動巻きは1日に1分くらいズレてパワーリザーブも1日くらいと言うものが多いです。

その前に精密機械でその価格帯だと正直壊れやすいです。

私が働いている店頭でも他店で買った1万〜3万円代の自動巻きが買ってすぐ壊れたと言う持ち込みがとても多いです。

もちろん他店購入品なので有償修理で2万円程です。

そして安価なものですとガラスもクリスタルガラスと言うガラスが採用されている為、傷がつきやすいです。

OMEGAのスピードマスターも昔のモデルはプラスチックでした(一部初期のスピードマスターを再現していてプラスチック風防も現行モデルで存在します)

スピードマスターはNASAが公式に認めた腕時計で月に行った腕時計からムーンウォッチと言う愛称がついています。

宇宙で風防が割れた場合ガラスよりプラスチックの方が宇宙に危険なものが散らばらない様にする事からプラスチックが採用されました。

しかしプラスチックは普段使いではガラスより傷がつきやすく、文字盤が見えないほど傷がついている方がよくいます。

そして今回ご紹介させて頂いてるスピードマスターはサファイアガラスと言う傷が付きにくいガラスを採用している為とても実用的です。

他にも注意点があり、腕時計にはオーバーホールと言うメンテナンスが必要です。
車で言うと車検みたいなものです。
家電製品も10年周期で悪くなってくるのと同じ様に腕時計も精密機械なので油が切れてきて歯車が円滑に動かなく、時間が精度内のズレ以上のズレが生じてきたり、部品が悪くなってきたりします。

そしてOMEGAの様な自動巻きの腕時計のオーバーホールが、平均で5年に1回ほどで値段は3万5000円前後〜5万円前後です(それ以上価格になる可能性もあります)
コーアクシャルは10年に一回ほどで同じくらいの価格です。

クオーツ(電池式)だと10年に1回で2万円前後〜3万円前後。

一見すると自動巻きは時間もズレて着けていないと止まってしまい、腕時計の値段自体もクオーツ(電池式)より自動巻きの方が高くて、維持費もかかるのでいい事がない様に感じます。

正直に言います。

いい事はあまりないです。

ただ私はステータス性があり、着けていてカッコイイと思われる高級時計のオススメは自動巻きです。ここで自動巻きのメリットを

☆1
『部品の保有期間が長い』
クオーツは生産が終了してから7年くらい、OMEGA等の高級時計でも15年程です(代替え部品が使える可能性はあります)
それに対し自動巻きは約30年〜60年前後、時計によっては永久保証があるので息子、孫まで形見として遺せます。
なので一生モノと言う気持ちで高級時計のクオーツを例えば30万円で買い20年後には使えなくなるのか、一生モノとして高級時計の自動巻きを40万円で買い一生使い、遺すかです。

☆2
『ステータス性』
実際に個人差はありますがクオーツ(名前だけ)自動巻き(高級時計)と言うイメージやクオーツ(名前だけ)自動巻き(腕時計が好き、高級時計に熟れている)と言うイメージはある方が多いと思います。
ROLEXではクオーツを作っていないからでしょうか?(昔は一時期1本だけ発売していましたがすぐ生産終了)
なぜならそもそもステータス性とはブランド名もありますが、クオーツは維持しやすい、自動巻きは維持するのにお金がかかる。
そのお金がかかる自動巻きを維持する事がステータスなのです。

☆3
『愛着が湧く』
自動巻きは止まってしまったり維持にお金がかかり手間がかかるので愛着が湧きます。
そして愛着が沸いた時計を直し直しで長く使えます。
思い出を入れ遺す。
なんだか男のロマンがありますよね。

これだけではないですが自動巻きには良さがあります。

そこで、なぜ数多くある自動巻きの中でもOMEGAのスピードマスターがオススメなのか、それは先程伝えさせて頂いたオーバーホールに関係します。

通常、正規代理店で時計を買うと定価なので高いです。
しかし偽物と言う可能性がない、オーバーホールをメーカーが受け付けてくれる、又はオーバーホールを正規価格でやってくれます。
並行輸入品はオーバーホールを受け付けてもらえず返却される可能性があります、そして受けてもらえても、オーバーホールが正規の保証書が付いているものより、倍以上の値段に高くなる可能性が高いです。
(例、当店でメーカーに送っての見積りを取ってみて、リューズの修理で正規保証を一緒に送った場合1万8000円前後、並行輸入品で正規保証がない場合9万5000円と言う見積りがきたこともあります)

そこで正規品と並行輸入品を差別しないのがスウォッチグループと言う傘下にあるOMEGAです。

なので並行輸入品で買っても安心して長く使ってもらえます。

そして日本でOMEGAと言えば高級時計=ROLEX、OMEGAと言う認知度も高い高級時計(ちなみにROLEXは正規品と並行輸入品のオーバーホールの値段が違う+オーバーホールが約6万〜10万円以上、時計の修理を専門でやっていて3針なら3万5000円〜でオーバーホールしてもらえるところはありますが(3針でもサブマリーナやヨットマスター等、時間を刻む+αの機能が付いている腕時計は+α料金が発生します)結局そこで部品が不足等の理由で修理不可の場合は日本のROLEXに送るので6万〜10万円はかかる場合があります。)

そこでROLEXを買ったものの突然故障などでオーバーホールになり、10万円近くの見積もりがきてしまい、維持が出来なくなり家に飾ってあるだけになってしまった方を今まで何人も見てきました。
こうなってしまってはもうせっかくのカッコイイ腕時計が台無しです。

それに比べOMEGAは突然の故障でも2、3万円の可能性が高くオーバーホールも4万円代後半で高いなーと言う印象です。

なのでステータス性、カッコよさ、一生モノとして買う腕時計でOMEGAは非常に認知度があり長く使いやすいので申し分ないと言えます。

高級時計のOMEGAを是非手に入れて下さい。

posted by KAMIYA at 21:58 | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

愛用者数20万人突破で話題のピアスキャッチ!

普段宝飾と時計の販売をしていて、ジュエリーコーディネーターという資格も所得している私が今回自信を持ってオススメするのがこのキャッチです。
使って驚いてください!

確実にピアスが取れてしまい、気付いたらキャッチがない、大切なピアスが紛失、こんな事は2度とありません!

素材はサージカルステンレスという医療用のメスにも使われるアレルギーが出にくく肌に優しいこだわりの素材。

スイカの重さにも耐えられる超強力なピアスキャッチ!

しかし外す時はブローチの様に先をつまんで引っ張るだけで簡単に外せます。

私の勤めている店頭、どこのお店を探してもこのキャッチがこの価格で買えることはありません!

愛用者20万人突破で特許を取っていて保証書も付いているので安心の商品!

これ一つで色々なピアスに使えるので、無くなるから気に入っても高いのは買えない、こんな悩みはなくこれからは好きなデザインのピアスが使えます!

是非使ってみて下さい!

image-725cc.jpeg


image-23d16.jpeg

image-b52b5.jpeg


posted by KAMIYA at 22:59 | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。